Home > 施工 > 塗膜不良の形態と防止方法

塗膜不良の形態と防止方法


チョーキング
       
コーティングの表面のほこりっぽい物質によって示されます。耐紫外線性に優れたコーティングを使用すると、チョーキングを減らすことができます。
侵食 環境成分との接触によるコーティングの除去を指します。より硬度の高い代替材料の再処方または選択により、侵食効果が軽減されるはずです。
水ぶくれ コーティングの下または内部に、小さなまたは大きな、壊れた、または壊れていない気泡ができることです。表面処理に注意を払うことで、汚染を除去し、コーティング (ひいては基材) 間の接着性を高めて、水ぶくれを減らすことができます。
オレンジピール コーティングされた層にオレンジの皮のような山と谷ができることを指します。コーティング条件や溶剤を変えることで取り除くことができ、サンディングして別のコーティング層を塗布することで取り除くことができます。
ピンホール 基板への露出経路を提供するコーティング表面上の小さな穴の存在を指します。これは、スプレー噴霧が不適切な結果として発生することが多く、システムを複数回コーティングすることで減らすことができます。
アンダーカット コーティングの下の基材からの腐食副生成物によってコーティングが破れるときに発生します。これは、コーティング/基材の密着性を高め、プライマーコートを塗布する前に基材に抑制プライマーを使用することで軽減できます。