Home > ニュース > ポリウレア業界トピック > BASF、中国・南京の特殊アミン製造施設の生産能力をさらに拡大

ポリウレア業界トピック

BASF、中国・南京の特殊アミン製造施設の生産能力をさらに拡大

BASF本社(ドイツ)が2017年9月25日に発表したプレスリリースによると、アジアにおける特殊アミン類への需要の高まりに対応するため特殊アミンの多品種生産工場の生産能力を拡大するそうです。中国・南京ケミカルインダストリーパーク内にある既存の自社拠点内に、2019年に稼働開始予定の特殊アミン製造工場を新設し、その新しい多品種生産工場では年間21,000トンの製造が可能で、BASFのアミン類ポートフォリオをさらに拡充し、主に1,2-プロパンジアミン(1,2-PDA)、n-オクチルアミン(n-OA)、ポリエーテルアミン(PEA)の製造を行う、とされています。(概要)

  2020/04/10   poly-g

Comment on this article

Send comments

 
※ Email will not be published
Loading...
 Please enter the letters of the image