Home > ポリウレア > ポリウレアの歴史

ポリウレアの歴史

【ポリウレアの登場】
ポリウレアが最初に報告されたのは1948年のことです(Hill, R.; Walker, E.E. Trend of Crystalline Melting Points in Homologous Series of Aliphatic Polymers. Journal of Polymer Science, Volume 3, 1948, pp 609)。そして冒頭で述べたように1969年に米国政府機関で構造物補強への有用性が報告されました。

US1969Paper1969年のレポート

【射出成型技術の派生物として生まれたポリウレアのスプレーライニング技術】
ポリウレアのスプレーライニング技術は、1980年代初頭に開発され射出成形(RIM)技術の派生物として生まれました。ポリウレアのRIMは、様々なクルマの外装ボディパネルやバンパーカバーのパーツ製造に用いられました。GMのポンティアック各車(フィエロ、カマロ、ファイアーバード、トランザム)とコルベットなどではインパネにも採用され、フォードやクライスラーではピックアップトラックの荷台やフェンダーなどに使用されました。